ドゥルセス・ティピコス

伝統菓子ドゥルセス・ティピコス

dulces tipicos (伝統菓子)は、その名の通り 昔から伝わるお菓子で、いろいろなバリエーションがあります。日本のお茶菓子や盆菓子のように、小さく可愛いらしい形に作られているものもあって、見ていて楽しいお菓子です。

小麦粉、トウモロコシの粉にミルク、シナモンなどを混ぜて作ったものや果物を砂糖で煮たものがあり、砂糖がたっぷり使われているので一般的に甘め。 グアテマラ人は、結構、甘いもの好きです。 でも、中には甘さ控えめのものや、甘くても小さく作られているものもあるので、グアテマラに来られる折には、ぜひ食べてみてください。

アマティトランの出店

フェリア(各市の守護聖人の日などに開かれる縁日のようなもの)の時にはこういうお菓子の出店が多く出ます。また、アマティトラン湖周辺なら、ドゥルセス・ティピコスの出店が常時、出ています。(写真:アマティトランの出店)

最近は、巨大スーパーHiper Paizなどで、パックにされたドゥルセス・ティピコスも見られるようになりました。

また、アンティグアには、2件、dulces tipicos の老舗があってプレゼント用の箱なども用意されています。

上の写真(お皿にのったもの)は、アンティグアのSombreron(ソンブレロン)で買ったもの。これで、Q23.70 (約380円)也。

  • dulce de leche (ドゥルセ・デ・レチェ)
  • 伝統菓子ドゥルセ・デ・レチェ

    ミルク、砂糖、コーンスターチを煮てクリーム状にしたものをドゥルセ・デ・レチェ(ミルクのお菓子)といい、それを固めたものがこれ。かなり甘めで、練乳のような感じの味。

    右側の茶色い方は、シナモンパウダーを加えてつくったもので 表面にも、シナモンがふってあります。

  • colocho de guayaba (コロチョ・デ・グアジャバ)
  • 伝統菓子コロチョ

    グアジャバという果物をミキサーにかけてから、砂糖を加えて煮詰めてからあわ立てたものを平らにして固めてから、渦巻き状にしたお菓子。甘酸っぱい。

  • dulce de leche (ドゥルセ・デ・レチェ)

  • 羊の形の伝統菓子ドゥルセ・デ・レチェ


    羊の形に作られたドゥルセ・デ・レチェ

  • mazapan (マサパン)

  • みかんの形伝統菓子マサパン


    マサパンというお菓子。これは「みかん」の形ですが、他にもいろいろな形があります。このマサパンは地味な色合いですが、もっとカラフルに色づけされたのもあり。

  • cocada (コカーダ)

  • コカーダ


    ココナツを細くカットしたものを砂糖で煮て、まるく形を整えたもの。

  • zapote (サポテ)

  • サポテ


    「サポテ」という干し柿のような味の果物で作ったお菓子。

  • nance(ナンセ)

  • ナンセ


    ナンセという木の実が中に入っている。大きさは、直径2cmぐらいの小さなお菓子。甘酸っぱい味がする。

  • anicillo (アニシージョ)

  • アニシージョ


    京都の五色豆のような外見。大きさも同じぐらい。でも、中に豆は入っておらず、砂糖味だけなので、むしろ「金平糖」に近い味。

  • espumilla (エスプミージャ)

  • エスプミージャ


    卵白を泡立てて、焼いたもの。フランスの「マカロン」みたいなもの。これは小ぶりに作ったものですが、直径5cmぐらいの大きなものもあります。


  • dulce de pepitoria (ドゥルセ・デ・ペピトリア)

  • エスプミータ


    焦がしたカラメルで、かぼちゃの種を"粟おこし"風に固めたもの。ピーナツや粟で作ったものもあり。カラメルがのほろ苦さで、甘さが抑えられていて大人向け。


  • arboloto (アルボロト)

  • エスプミータ


    小さめのポップコーンをボール状に固めたもの



▲このページのトップへ

トップページ

観光スポット
旧市街 Zona1(ソナ・ウノ)
アンティグアの街並み
アンティグア(中央公園)
サンチアゴ博物館
パナハチェル
パナハチェル(自然保護区)
パカヤ火山に登りました!
アマティトランの温水プール
バックパッカー向け安宿
グアテマラの食べ物
ドゥルセス・ティピコス
郷土料理
郷土料理2(軽食)
郷土料理 (pan)
グアテマラあれこれ
教育制度
交通機関
衛生面について
管理人より
ごあいさつ
相互リンク募集
リンク集
グアテマラに関するリンク集
他外国に関するリンク集
お役立ちリンク集